『光の存在・・引き継ぐもの』

愛媛県大洲浪漫祭のレトロウエディングで新郎新婦になってきました!

   

(撮影: Akihiro Genda)
   
結婚したのは6年半前です。
ちゃんとした式を挙げることができず、
「和装をしたかった」と言う妻のために写真だけでも撮れたらと思っていました。
     
以前にそんな話をウエディングプランの会社を経営する友人に話したことがあったのですが、彼女が思いもよらない形でその夢を叶えてくれました。
      
妻が着せていただいたのは100年ほど前の白い友禅の花嫁衣装。
この時代の白い着物が焼けやカビもなく、綺麗に残っているのはとても珍しいのだそうです。
「引き継いでいくこと」にこだわる僕としては感激でした。
 
  
   
    
昭和の香りが残る街をチンドン屋さんと一緒に練り歩き、
人力車にも乗せてもらって町内を一周、
大洲の町を挙げて、お祝いしてくださいました。
      
初めて会う町の方々が笑顔で「おめでとう!」と折り鶴とシャボン玉を振り注いでくれます。
小さな子どもや中高生、中には車椅子のご老人が精一杯腕を伸ばして・・。
     
そんな笑顔を見ていると花嫁は光の存在なのだと思いました。
誰もが笑顔になって、その幸せを祝いたくなる、幸せを振りまく存在・・・
       
僕は結婚式はしてもしなくてもいいと思ってきました。
二人で海外で挙式もいいと思っていました。
でも本来は結婚式とはこの大洲のレトロウエディングのようなものだったのだと感じました。
     
昔はこうして村を挙げて結婚を祝ったのでしょう。
ご長老や近所の子ども達に見送られて、
育ててくれた町へのお礼の意味もあったのかもしれません。
      
    
その存在が光になる日、
合理的であることや自分たちの気持ちだけでなく、
伝統を引き継ぎ、その役割を演じる気持ちも大切なのかもしれないと思いました。
    
照れたり恥ずかしがったりせず、「おめでとう」をただ「ありがとう」と受け取ることで
その幸せを振り撒ける日。
それが周りへの感謝の表現だったのかもしれません。
  
  
******************************************
式の中で妻への手紙を読ませていただきました。
そのシーンの一部をテレビとラジオで取り上げていただいたそうで、
「手紙の内容を教えて欲しい」と問い合わせを何人かからいただきました。
  
地元の若者にも「あのメッセージ使わせてください」と言われたのですが、
さすがに広く公開するのは恥ずかしいのでメルマガの読者の方にはこっそり読めるようにリンクを貼りました。
    
ぜひ無料メルマガなのでご登録ください。
  
  
様々な夢ノートの書き方講座がありますが、ノート専門店を作ってしまったのはおそらく日本、いや世界でも私くらいでしょう!!
llenoの「夢が叶うノート2018」をベースにしていますが、それがなくてもノートがあれば大丈夫です。
  
一人だとくじけがちな夢ノートも一緒に書けばきっと続くと思います。
また書いてるけどNGな書き方の人も多いので、ぜひこのメルマガを読んで一緒に夢を叶えましょう。
  
  
**********************************
Will Design株式会社 神田