『光の存在・・引き継ぐもの』

愛媛県大洲浪漫祭のレトロウエディングで新郎新婦になってきました!

   

(撮影: Akihiro Genda)
   
結婚したのは6年半前です。
ちゃんとした式を挙げることができず、
「和装をしたかった」と言う妻のために写真だけでも撮れたらと思っていました。
     
以前にそんな話をウエディングプランの会社を経営する友人に話したことがあったのですが、彼女が思いもよらない形でその夢を叶えてくれました。
      
妻が着せていただいたのは100年ほど前の白い友禅の花嫁衣装。
この時代の白い着物が焼けやカビもなく、綺麗に残っているのはとても珍しいのだそうです。
「引き継いでいくこと」にこだわる僕としては感激でした。
 
  
   
    
昭和の香りが残る街をチンドン屋さんと一緒に練り歩き、
人力車にも乗せてもらって町内を一周、
大洲の町を挙げて、お祝いしてくださいました。
      
初めて会う町の方々が笑顔で「おめでとう!」と折り鶴とシャボン玉を振り注いでくれます。
小さな子どもや中高生、中には車椅子のご老人が精一杯腕を伸ばして・・。
     
そんな笑顔を見ていると花嫁は光の存在なのだと思いました。
誰もが笑顔になって、その幸せを祝いたくなる、幸せを振りまく存在・・・
       
僕は結婚式はしてもしなくてもいいと思ってきました。
二人で海外で挙式もいいと思っていました。
でも本来は結婚式とはこの大洲のレトロウエディングのようなものだったのだと感じました。
     
昔はこうして村を挙げて結婚を祝ったのでしょう。
ご長老や近所の子ども達に見送られて、
育ててくれた町へのお礼の意味もあったのかもしれません。
      
    
その存在が光になる日、
合理的であることや自分たちの気持ちだけでなく、
伝統を引き継ぎ、その役割を演じる気持ちも大切なのかもしれないと思いました。
    
照れたり恥ずかしがったりせず、「おめでとう」をただ「ありがとう」と受け取ることで
その幸せを振り撒ける日。
それが周りへの感謝の表現だったのかもしれません。
  
  
******************************************
式の中で妻への手紙を読ませていただきました。
そのシーンの一部をテレビとラジオで取り上げていただいたそうで、
「手紙の内容を教えて欲しい」と問い合わせを何人かからいただきました。
  
地元の若者にも「あのメッセージ使わせてください」と言われたのですが、
さすがに広く公開するのは恥ずかしいのでメルマガの読者の方にはこっそり読めるようにリンクを貼りました。
    
ぜひ無料メルマガなのでご登録ください。
  
  
様々な夢ノートの書き方講座がありますが、ノート専門店を作ってしまったのはおそらく日本、いや世界でも私くらいでしょう!!
llenoの「夢が叶うノート2018」をベースにしていますが、それがなくてもノートがあれば大丈夫です。
  
一人だとくじけがちな夢ノートも一緒に書けばきっと続くと思います。
また書いてるけどNGな書き方の人も多いので、ぜひこのメルマガを読んで一緒に夢を叶えましょう。
  
  
**********************************
Will Design株式会社 神田

『光の存在・・引き継ぐもの』

愛媛県大洲浪漫祭のレトロウエディングで新郎新婦になってきました!

 
 

 
結婚したのは6年半前です。
ちゃんとした式を挙げることができず、
「和装をしたかった」と言う妻のために写真だけでも撮れたらと思っていました。
    
以前にそんな話をウエディングプランの会社を経営する友人に話したことがあったのですが、彼女が思いもよらない形でその夢を叶えてくれました。
     
妻が着せていただいたのは100年ほど前の白い友禅の花嫁衣装。
この時代の白い着物が焼けやカビもなく、綺麗に残っているのはとても珍しいのだそうです。
「引き継いでいくこと」にこだわる僕としては感激でした。
  
チンドン屋さんと一緒に練り歩き、
人力車にも乗せてもらって街を一周、
大洲の町を挙げて、お祝いしてくださいました。
   
初めて会う町の方々が笑顔で「おめでとう!」と折り鶴とシャボン玉を振り注いでくれます。
小さな子どもや中高生、中には車椅子のご老人が精一杯腕を伸ばして・・。
 
そんな笑顔を見ていると花嫁は光の存在なのだと思いました。
誰もが笑顔になって、その幸せを祝いたくなる、幸せを振りまく存在・・・
僕もどちらかといえば結婚式は二人がしたければすればいいと思ってきました。
でもそうではないのかもしれないと言う思いが込み上げてきました。
 
昔はこうして村を挙げて結婚を祝ったのでしょう。
ご長老や近所の子ども達に見送られて、
育ててくれた町へのお礼の意味もあったのかもしれません。
 
その存在が光になる日、
合理的であることや自分たちの気持ちだけでなく、
伝統を引き継いでいく気持ちも大切なのかもしれないと思いました。
  
その存在が光になる日、
その幸せを振り撒くことが感謝の表現だったのかもしれませんね。
 
祝福を素直に受け取り、
福餅を撒き、
大洲の温かさに包まれた幸せな1日でした。
**********************************
Will Design株式会社 神田
http://will-d.co.jp 

『責任を負うと決めた瞬間自由になる』(畦先生の言葉より)

『責任を負うと決めた瞬間 自由になる』 (畦先生の言葉より)

    
朝一番に目に飛び込んできた言葉。
妻の師匠のメッセージ集
   
責任を負ってない時は質問が多くなります。
「何で?」
「どうして?」
「何のために?」
  
究極、やるからやらないか?ですね。
思ってたのと違う、ってことも含めてそれは想定内の人生。
 
     
ずっと経営者をやってきて、
経営者が好きで経営者でいたいと思う理由は
責任を負えるからだと思います。
責任を負ってるから自由です。
   
 
たとえ部下の失敗のせいだとしても、
不景気や社会情勢の影響だとしても
天災や不慮の事故せいだとしても、
  
   
責任は自分にあります。
その清々しさが潔くて好きです。
   
 
そして責任を負ってる同士だと
うまくいかない時も
相手のせいにはしない。
  
次を目指して笑いあえるし
未来を信じているから大丈夫。
 
この自由さがいいよね〜。
 
そういう相方がいてくれることが
幸せだなあと思う今朝の言葉です。
 

 

Will Design株式会社(神田)

『愛してる』と伝えること

僕は一日に100回くらい
「愛してる」
といいます。
  
80回は愛猫 おじゃ にです・・・
  
でもおじゃはだいたい こんな鬱陶しそうな顔しますね・・。
   
そして残り20回はやはり妻に・・。
  
  
ご存知の方も多いですが、
うちは妻からのプロポーズ
「お嫁ちゃんにして」で結婚しました。
  
  
なので結婚生活は さぞかし優位でしょう! と言われるのですが、
そんなことは全くありません。
  
     
仲良しのコツをよく相談されます。
  
僕は
「自分が愛すると決めること」
それを言葉で伝えることだと思っています。
  
  
「相手のことはそれほどでもなかったけど、どうしてもと言われたから」とドラマみたいなことを言ったり・・
「自由にさせてくれると言ったから」とか・・・。
     
相手のせいにしている限り、幸せにはなれません。
   
  
「相手が先に言うなら言ってもいい」
という人もたくさんいて、驚きます。
 
Non Non Non 
  
愛してると言った方が「負け」でしょうか?
プロポーズされたからずっと優位なんてことはありません。
 
相手がどうであれ、自分は愛してるか?を決めること、
それをちゃんと言葉で伝えること
 
「愛してるよ」って言ったからって負けた気にはなりません。
そして不思議なことに言葉にしたことがドンドン叶って行く気がします。
  
どっちが先なんだろう?
愛してるから愛してると言うのか?
愛してると言うほどに愛が深まるのか?
  
 
愛してると言う
ありがとうを伝える
笑顔で話す
手を繋ぐ
お互いを肯定する
  
この当たり前のことが仲良しのコツと言えばコツですね!
  
まずは
『ありがとう』と『愛してる』を
呪文のように一日100回、口にしてみてください。
不思議なことが起こります!!
  
  
  
今日はラストラブレター、第二章。
「ありがとうを伝える』
です!!
   
  
  

=================================   

ラストラブレター 

4回講座 18,000円(モニター料金)

*テキスト等実費は当日別途頂戴します。

    
<第一章>最期を決める
■開催日:7月11日(火)13:00〜18:00  京都Will Designサロン

    

  
<第二章>ありがとうを綴る
■開催日:7月9日(日)13:00〜18:00  京都Will Designサロン

     8月8日(火)13:00〜18:00  京都Will Designサロン

     8月19日(土)14:00〜18:30  東京 JAPAN UP

 

  各日程の10:00〜12:30に<第一章 最期を決める>代替え講座を開催します。

  第二章以降をお申し込みで第一章を受けられなかった方の代替え講座開催します。 
     

   
<第三章>夢を描く
■開催日:8月27日(日)13:00〜18:00  京都Will Designサロン

     9月12日(火)13:00〜18:00  京都Will Designサロン

     9月23日(土・祝)14:00〜18:30  東京 JAPAN UP

    

  各日程の10:00〜12:30に<第一章 最期を決める>代替え講座を開催します。

  第二章以降をお申し込みで第一章を受けられなかった方の代替え講座開催します。 

 

    

<第四章>ラストラブレター
■開催日:9月10日(日)13:00〜18:00   京都Will Designサロン

     10月10日(火)13:00〜18:00  京都Will Designサロン

     10月28日(土)14:00〜18:30   東京 JAPAN UP

 

    各日程の10:00〜12:30に<第一章 最期を決める>代替え講座を開催します。

  第二章以降をお申し込みで第一章を受けられなかった方の代替え講座開催します。 

 

お申し込み・お問い合わせはこちらです

 

************************************************************

Will Design株式会社

http://will-d.co.jp/

京都市上京区相国寺門前町647

info@will-d.co.jp

 

『この歌めっちゃいいし』と保育園児に教えてもらったドラえもんの主題歌

伊勢神宮に特別参拝に行って参りました。

友達の家族、6歳の保育園児も一緒に。

    

帰り道、退屈しないように車中はアニメソングをYou Tubeで流しながら。

そんな中、6歳の彼からのリクエストは

「めっちゃいい歌やで!ドラえもんの南極カチコチ大冒険」

  
ふんふん、カチコチタケコプター的なヤツね・・
 
と、侮ってましたね・・、完全にやられました。
 
ぜひごちらをご覧ください。

  

車中の大人5名、思わず聞き入る中、6歳児は平井堅と一緒に口ずさむ・・。
  
『ねぇ 君の弱さを晒してよ

ねぇ 僕の強さを信じてよ
これからも この先も 僕の心をつくってよ』

 

 

「ドラえもんに媚びないことがテーマ」だと平井堅さんのインタビュー記事もありましたが、
保育園児の力を信じてることが素晴らしいですね。
そして6歳児も
「めっちゃいい歌やで」
と理解してる。
  
オトナ気なく本気で射的で競う52歳と心年齢は一緒みたい・・。
 
********************************************************************************
ちなみにこのブログは「利用許諾契約を締結しているUGCサービス」だとかで歌詞を記載してもいいそうです。
せっかくなので転載させていただきますね!
  
 
『僕の心をつくってよ』(作詞・作曲 平井堅)
  

いつもいつもここじゃない気がして 遠い空に憧れた
まっすぐな君を見て 小さな僕を知った

 

誰といても僕じゃない気がして 誰かの後ろを見てた
隠れても隠れても 君だけは僕を見つけてくれた

 

傷つく一緒と 傷つかないひとり
君となら 傷ついてもいいかな

 

ねぇ 君のずるさを晒してよ
ねぇ 僕のダメさを叱ってよ
これからも この先も 僕の心をつくってよ

 

ねぇ 君が笑うと弾むんだ
ねぇ 君が泣いたら痛いんだ
君だけが 君だけが 僕の心をつくるんだ

  

たとえ君がここじゃない気がして 他の空を選んでも
ポケットに忍び込み 同じ青をずっと見上げていたい

 

壊れた気持ち 壊れそうな夢
つないだら 柔らかくなるね

 

ねぇ 君の弱さを晒してよ
ねぇ 僕の強さを信じてよ
これからも この先も 僕の心をつくってよ

 

ねぇ 君が笑うと弾むんだ
ねぇ 君が泣いたら痛いんだ
君だけが 君だけが 僕の心をつくるんだ

 

ねぇ 君のずるさを晒してよ
ねぇ 僕のダメさを叱ってよ
これからも この先も 僕の心をつくってよ

 

ねぇ 君の弱さを晒してよ
ねぇ 僕の強さを信じてよ
これからも この先も 僕の心をつくってよ

 

ねぇ 君が笑うと弾むんだ
ねぇ 君が泣いたら痛いんだ
君だけが 君だけが 僕の心をつくるんだ

ねぇ 僕の心をつくってよ

  
  
  
  
   

=================================   

ラストラブレター 

<第1章 最期を決める>は

○7月1日  (土) 14:30〜18:30   東京開催

○7月11日(火) 13:00〜18:00 京都Will Design

○受講料:5,000円とテキスト代等実費別途(初回は名入りバインダー3,000円が必要となります。)

 

<第2章 ありがとうを綴る>は

○7月9日(日) 13:00〜18:00    京都Will Design
○8月8日(火) 13:00〜18:00  京都Will Design

○受講料:5,000円とオリジナルありがとうノート2,000円 合計7,000円

 

 

お申し込み・お問い合わせはこちらです

 

************************************************************

Will Design株式会社

http://will-d.co.jp/

京都市上京区相国寺門前町647

info@will-d.co.jp